• ホーム
  • >
  • 記事一覧
  • >
  • d払いの支払い方法はクレジットカードがいい?メリットや注意点を解説
2022年05月31日

d払いの支払い方法はクレジットカードがいい?メリットや注意点を解説

d払いはスマホ決済サービスのひとつです。どなたでも利用可能な点や、使い方次第でポイントがたまりやすい点などから、すでに利用されている方は多いですよね。この記事では、d払いでクレジットカード払いを選ぶとおトクなのか、どのクレジットカードがおすすめなのかを紹介します。

d払いで選択できる支払い方法をおさらい!

d払いの支払い方法は、d払い残高へ銀行口座・セブン銀行ATM・コンビニからチャージする方法や、クレジットカードからの支払い、ドコモの回線契約がある方であれば電話料金合算払いからの支払いが選べます。

d払いアプリ(無料)のダウンロードはこちら

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/

d払いをはじめてご利用される方は以下の記事もおすすめです。

チャージの手間いらず!クレジットカード

d払いの支払い方法として、クレジットカードからの支払いが選択できます。「VISA」「Mastercard」「American Express」「JCB」のいずれかのブランドで、本人認証サービス(3Dセキュア)の設定がされているクレジットカードであれば、d払いの支払い方法に設定可能です。

クレジットカードをd払いの支払い方法として設定できるのは、対応クレジットカードの契約者本人でありdアカウントを持っている方に限られます。

dカードをd払いの支払い方法に設定する場合のd払いの利用上限は、ご登録のdカードのご利用可能額となります。

dカード以外のクレジットカードをd払いの支払い方法に設定した場合の利用限度額は、以下のとおりアカウントの状態によって異なります。

  • dアカウントの本人確認が完了されていないお客さまの場合、dアカウント毎に5万円/月まで
  • dアカウントの本人確認が完了されているお客さまの場合、dアカウント毎に50万円/月まで


※dアカウントの本人確認が完了されていないお客さまは「d払いアプリ > アカウント」において「本人未確認>」と表示されております。

現金主義でも使いやすい!d払い残高へチャージ

d払い残高へチャージして支払う場合、アプリのホーム画面にある「チャージ」メニューで設定します。

チャージは下記の3種類の方法で行うことができます。

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ店頭


銀行口座からのチャージの場合はオートチャージ設定も可能です。設定額を下回ると自動的にチャージされるため、支払いの際に残高不足で手間取る心配もなくおすすめです。なお、d払い残高へのチャージにはクレジットカードは利用できません。(2022年6月時点)

チャージしたd払い残高の範囲内で支払いができますが、街のお店とネットのお店とで以下のように1回のご利用可能額上限が異なります。

ネット決済での支払い:1円~100万円
バーコード決済での支払い:d払い残高の範囲内
※d払い残高の受入限度額は100万円まで

電話料金合算払いからの支払いも選べる!

電話料金合算払いは、月々のドコモのケータイ料金と一緒に支払う方法で、ドコモの回線契約がある方のみが選択可能です。d払いアプリの「アカウント」メニュー内にある「お支払い方法」から設定を行えます。

1回あたりにお支払い可能な金額は、設定可能利用限度額の範囲内です。電話料金合算払いからの支払いの利用限度額は契約回線ごとに年齢や契約期間、利用状況などを元に設定されます。
電話料金合算払いからの支払いの利用限度額については、以下のページから確認できます。

ご利用条件 - 電話料金合算払い

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/term/tell_term.html

d払いで選択できる支払い方法をまとめると、次の3種類となります。

※「バーコード決済」「ネット決済」の上限は1か月あたりの上限ではなく1回あたりの上限

d払いはクレジットカードからの支払いがおすすめ?

d払いを使うと、基本的に200円(税込)のご利用につき1ポイントのdポイントをためることができます※1 ※2 ※3。しかし、d払いの支払い方法としてdカード以外のクレジットカードを設定した場合、このポイントは還元されないので注意が必要です。

※1 dカード以外のクレジットカードをお支払い方法に設定された場合は、dポイントの進呈対象外となります。
※2 一部の加盟店又は店舗は、dポイントの進呈対象外となります。
※3 加盟店の商品・サービスによっては、dポイントの進呈対象外となることがあります。

d払いの支払い方法で最もおすすめなのは、dカード/dカード GOLDで支払うことです。
たとえば、街のお店で3,000円(税込)のお買物をした場合、d払いの利用でdポイントは15ポイント進呈。d払いの支払い方法をdカードに設定していれば、追加で30ポイント、合計で45ポイントのdポイントが進呈されることになります。d払いの支払い方法をd払い残高からの支払いに設定したときと比べて、なんと3倍のdポイントがたまるのです。

d払いをご利用の方でまだdカード/dカード GOLDをお持ちでない方は、この機会にぜひ検討してみてください。

dカード GOLD 入会特典|dカード

https://dcard.docomo.ne.jp/std/topics/af/gold.html

dカード 入会特典 | キャンペーン

https://dcard.docomo.ne.jp/std/topics/af_reg/regular.html

d払いのクレジットカードからの支払いに設定できるクレジットカードは?

d払いの支払い方法として設定できるクレジットカードは以下の5種類です。

  • dカード
  • VISA
  • Mastercard
  • American Express
  • JCB


上記に該当するクレジットカードでも、一部設定できない場合があります。
また、d払いでは「本人認証サービス(3Dセキュア)」に対応しているクレジットカードのみご利用になれます。d払いアプリでクレジットカードの設定が完了するとd払いをクレジットカードからの支払いで使えるようになります。

なお、現在は「d払いをはじめよう!キャンペーン」にエントリーし、d払いをはじめてご利用いただいた方に、d払いでのお支払い金額に応じて上限1,000ポイントのdポイント(期間・用途限定)を進呈するキャンペーンが実施されています。(キャンペーン終了は2か月前に告知いたします。)

d払いをはじめよう!キャンペーン

https://nttdocomo-ssw.com/keitai_payment/campaign/dpay_sb/cpn_dpay_sb.html

まだd払いをご利用でない方は、ぜひd払いアプリをダウンロードするところからはじめてみてくださいね。この機会にd払いでお支払いをして、おトクにポイントをためてみてはいかがでしょうか。

d払いアプリ(無料)のダウンロードはこちら

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/

設定はかんたん!d払いの支払い方法をクレジットカードに設定・変更する方法とは

d払いの支払い方法としてクレジットカードを設定する場合、d払いアプリでかんたんに設定・変更が可能です。
設定・変更の手順は、ドコモの回線契約がある方がdカードを設定する場合とそれ以外の場合で少し異なります。

ドコモの回線契約がある方がdカードを設定する場合

ドコモの回線契約がある方がdカードを登録する場合の手順は以下の通りです。

  1. d払いアプリの下部にある「アカウント」メニューをタップ
  2. 「お支払い方法」をタップ
  3. 「dカード」をタップ
  4. 3Dセキュアの認証画面でパスワードを入力する


ドコモの回線契約がない方やdカード以外のクレジットカードを登録する場合

ドコモの回線契約がない方、もしくはdカード以外のクレジットカードをd払いの支払い方法に設定する※1場合、下記のような登録・変更手順となります。

  1. d払いアプリの下部にある「アカウント」メニューをタップ
  2. 「お支払い方法」をタップ
  3. 「クレジットカードを登録」をタップ
  4. クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードなど必要情報を入力して「登録」をタップ
  5. 利用するクレジットカードを選択後、「次へ」をタップ
  6. 3Dセキュア認証画面に移行したらパスワードを入力


一度設定を行えば、上記手続きを行うことなくずっと使い続けられます。

※1 dカード以外のクレジットカードをお支払い方法に設定された場合は、dポイントの進呈対象外となります。

登録・変更できない場合の原因と対処法

d払いの支払い方法としてクレジットカードを設定・変更しようとしても、なかなかスムーズに設定できない場合もあります。考えられる主な原因は以下の通りですので、確認してみましょう。

  • クレジットカードそのものがd払いに対応していない
  • 本人認証サービス(3Dセキュア)の設定がされていない


d払いに対応しているクレジットカードブランドは、「VISA」「Mastercard」「American Express」「JCB」です。なお、これらに該当していても一部ご利用になれないクレジットカードもあります。

本人認証サービス(3Dセキュア)の設定は、クレジットカード発行会社のホームページなどで行います。上記に該当しない場合は、本人認証サービス(3Dセキュア)のパスワードが間違って入力されている可能性もあります。パスワードがわからなくなった場合は、各クレジットカード会社の窓口などで確認をしましょう。

※dカード以外のクレジットカードをお支払方法に設定された場合は、dポイントの進呈対象外となります。

結局どのクレジットカードを選べばいい?d払いにおすすめのクレジットカードとは

d払いの支払い方法に設定するのにおすすめのクレジットカードは、使い方次第でdポイントの三重ドリもできる、dカードまたはdカード GOLDです。

dカード/dカード GOLDをd払いの支払い方法に設定すれば、dカードのご利用可能額をd払いの利用上限額としてお使いいただけます。

dカード GOLDとは?

dカード GOLDは、ドコモの回線契約がある方なら、特にポイントがつきやすいクレジットカードです。毎月のドコモのケータイやドコモ光の利用代金1,000円(税抜)ごとに、税抜金額の10%(100ポイント)がポイント還元されます(端末代金・事務手数料など一部対象外あり)。

通常のお買物でも、支払い額100円(税込)につき1ポイントがたまるうえ、以下のお店で使えばさらにポイントがたまりやすいです。

  • dカード特約店
  • dカード ポイントモール


dカード GOLDは、通常のお買物でもしっかりポイントをためられるのはもちろん、dポイント加盟店でのd払い利用でポイント三重ドリができるなどの魅力があります。

さらに、旅行の際に空港ラウンジを利用できたり、海外・国内旅行傷害保険に対応しているなど、旅行関連の付帯サービスも充実しているのも魅力。旅行や出張の機会が多い方は一枚持っておくと便利ですね。

また、ドコモの携帯電話端末の購入から3年間、紛失・盗難、修理不能になってしまった場合の補償も受けられます。

カード年会費が11,000円(税込)かかりますが、毎月のドコモのケータイ料金やドコモ光の利用料金からのポイント還元でほとんどまかなえる可能性も。ドコモの回線契約がある方であれば持っておいて損のないカードといえるのではないでしょうか。

dカード GOLDのご紹介

https://dcard.docomo.ne.jp/st/dcard_gold/index.html

dポイントクラブご優待(10%ポイント還元)

https://dcard.docomo.ne.jp/st/dpoint_present/index.html

dカードケータイ補償

https://dcard.docomo.ne.jp/st/beginner_about/guarantee/index.html

dカード GOLDには入会&利用特典もありますので、お申込みを検討中の方はぜひこちらをご覧ください。特典としてdポイントを受け取ることができます。

dカード GOLD 入会特典|dカード

https://dcard.docomo.ne.jp/std/topics/af/gold.html

dカードとは?

dカードは年会費無料で、お支払いでdポイントをためられるクレジットカードです。

毎月のドコモのケータイ料金やドコモ光のご利用代金1,000円(税抜)ごとに、10ポイントがポイント還元されます(端末代金・事務手数料など一部対象外あり)。

街やネットのお店でのお買物でも100円(税込)につき1ポイントもらえるところはdカード GOLDと同様ですが、年会費が永年無料なのが特徴。ドコモの回線契約がない方や、できるだけコストをかけずに効率よくポイントをためたい方にはおすすめです。

dカードにも入会&利用特典があります。ご検討中の方はこちらもご覧ください。

dカード 入会特典 | キャンペーン

https://dcard.docomo.ne.jp/std/topics/af/regular.html

そしてdカードでは、公共料金のお支払いをdカードにまとめることでdポイントが進呈される特典を実施中です。対象の公共料金のお支払いで、dカード新規入会日から120日以内にお支払いの確認ができた方には合計最大2,600ポイント、入会日から121日以降にお支払いが確認できた既に入会された方には合計最大1,000ポイントのdポイント(期間・用途限定)が進呈されます。

また、公共料金に対してのポイント還元率が落ちるクレジットカードもある中で、そういったカードと比べると、dカードは公共料金に対してのポイント還元率が1%と高いままです。そのため、継続的に効率よくdポイントをためることができます。

下記のリンクからエントリーが可能です。

また、無料の家計簿アプリ「スマート家計簿 スマー簿」では、dポイントの管理やd払いの利用状況の確認をかんたんに行うことができます。dアカウントでログインするだけでお手軽に始められるので、ぜひインストールしてみてくださいね。

「スマ―簿」アプリのダウンロードはこちらから

https://kakeibo.smt.docomo.ne.jp/info/

dポイントのつかい方

たまったdポイントは、街のdポイント加盟店で利用できるほか、ドコモ光の料金の支払い、そしてdショッピングでもつかうことができます。

ドコモ光

https://nttdocomo-ssw.com/nssw/dhkr/19dec_b/

また、dショッピングは注文が確定した時点でdポイントが即時利用されるため、有効期限日当日に利用したい場合でもあんしんです。

dショッピング

https://dshopping.docomo.ne.jp/

d払いにはdカードの設定がおすすめ!どんどんdポイントをためよう

街やネットのお店でd払いを使ってdポイントをザクザクためるには、d払いの支払い方法にdカードまたはdカード GOLDを設定しておくのがおすすめです。

支払い方法としてdカードを登録してd払いを使うと、d払い利用分とdカード利用分のポイントが進呈され、dポイントをダブルでためられます。さらにdポイントカードの提示をすればポイント三重ドリができ、還元率の合計が2.5%相当になるなどdポイントを効率よくためられます。ただし、dポイント加盟店によってポイント還元率が異なる点には注意しましょう。

ただでさえ便利なd払いに、dカードやdカード GOLDを掛け合わせることで、さらにおトクを実感できるのではないでしょうか。少しの工夫がdポイントを効率よくためるコツです。すでにd払いを日常的に活用している方でまだdカードとの併用をしていない方も、現在d払いの利用を検討中の方も、ぜひこの機会にd払いとdカードの併用を検討してみましょう。

d払いは、スマートフォンの電源が切れてしまうと使えない点には注意が必要なものの、そうでなければお店がd払いに対応してさえいれば、いつでも使えて便利です。まだd払いを使っていないという方は、まずはアプリをダウンロードしてみてください。

d払いアプリ(無料)のダウンロードはこちら

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/


※2022年6月1日時点の情報です。

ドコモからのお知らせ

2022年12月13日に行われる世界バンタム級4団体王座統一戦 井上尚弥 vs ポール・バトラーをdTVにて独占生配信いたします。

また、dTVでは「井上尚弥選手 全力応援キャンペーン」として、入会&継続の方限定でdポイント1,000ポイント(期間・用途限定)を還元中です!
この機会に是非入会をご検討ください。

※要エントリー。エントリー期間:2022年11月1日~2022年12月31日
※本キャンペーンは2022年12月31日までにdTVにご入会いただき、一定期間継続された方を対象としています。
※井上尚弥 vs ポール・バトラーの生配信は2022年12月13日ですのでご注意ください。
※「ひかりTV」「TSUTAYAプレミアム」「エンタメいちおしパック」会員は対象外です。
※キャンペーン参加条件等、詳しくは上記URLにてご確認ください。

dポイントをさらにためるならおすすめの1枚

dカード新規入会はこちらから

ドコモユーザーなら断然おすすめ!

dカード GOLD

年会費11,000円(税込)

  1. 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金1,000円(税抜)ごとに税抜金額の10%ポイント還元※
  2. ケータイ補償3年間で最大10万円
  3. 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料
  4. 年間で100万円・200万円(税込)以上のご利用で年間ご利用額特典11,000円分・22,000円分を進呈
  • ※端末代金・事務手数料等一部対象外あり
  • ※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元
dカード GOLD 入会&利用特典
dポイント(期間・用途限定) 最大11,000ポイント進呈!
dカード GOLDの詳細・お申込み

年会費永年無料!

dカード

  1. いつものお買物で100円(税込)ごとに1%ポイントたまる!
  2. 年会費 永年無料!
dカード入会&利用特典
dポイント(期間・用途限定) 最大4,000ポイント進呈!
dカードの詳細・お申込み

CAMPAIGN

おトクな特典・キャンペーン