• ホーム
  • >
  • 記事一覧
  • >
  • d払いへのチャージはコンビニが便利!ポイントを効率よくためるには?
2022年10月07日

d払いへのチャージはコンビニが便利!ポイントを効率よくためるには?

「d払いのチャージってコンビニでできるの?」 「d払いをコンビニで使ってポイントを効率よくためる方法を知りたい」 「d払いがコンビニで使えなかった、どうして?」 いつも使っているコンビニでd払いのチャージができると、とても便利ですよね。利用するコンビニによっては、dポイントの三重ドリもできてとってもおトクです。 本記事では、d払いのコンビニでの使い方をわかりやすく解説します。d払いへのチャージ、効率のよいポイントのため方、コンビニで使えなかった場合の原因など、みなさまのお役に立つ情報を集めました!コンビニでd払いを使うなら、ぜひチェックしてくださいね。

まずはチェック!コンビニでd払いへチャージする方法

d払いへのチャージ方法はいくつかありますが、身近なコンビニでチャージができたら便利だ、という方も多いのではないでしょうか。

d払いのチャージは、d払いアプリを使って行います。チャージ方法は、コンビニ・銀行口座・セブン銀行ATMの3種類があります。いずれの方法でも、チャージ手数料はかかりません。まずは、コンビニでのd払いのチャージ方法について見ていきましょう。

コンビニが便利!d払いのチャージ

クレジットカード払いだと、つい使い過ぎてしまいませんか?d払いなら毎月決まった金額をチャージすることで、使い過ぎを防止し、計画的な支払いができるでしょう。普段からコンビニを利用する機会の多い方は特に、コンビニでの現金チャージが便利ではないでしょうか。

チャージ前に!知っておきたい確認事項

チャージに失敗してあわてることのないよう、入金額や入金後のことについて解説します。

入金額について

コンビニでの入金可能額は1回につき2,000~10万円で、1円単位でチャージできます。ただし、d払い残高は最高100万円までなので、この残高を超えるような入金はできません。

入金手続きについて

チャージの支払いは現金のみ。電子マネーやクレジットカードは使えません。現金が手元にない場合は、用意してからチャージしにいきましょう。

コンビニでは、店内の端末を使ってチャージの手続きを行います。

この際、端末から出力される支払い用紙をレジへ持っていきますが、支払い用紙発行から30分以内にレジで手続きをしないと、支払い用紙が無効になるのでご注意ください。

また、一部のコンビニでは店内設置の端末からではなく直接レジに行って手続きをする場合もあります。

入金後について

入金が完了すると、ドコモから「入金のご連絡」のメールが届きます。入金後に残高が反映されるまで、コンビニによっては最大で20分程度必要です。「入金されていないのでは?」とあせらず、少し待ってみましょう。

やってみよう!d払いへのチャージ方法

それでは、実際にコンビニでd払いへのチャージに挑戦しましょう!もしまだd払いアプリをダウンロードしていない場合は、以下よりダウンロードできます。

d払いサイトでアプリをダウンロードする

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/

d払いアプリのトップページから「チャージ」をタップして、「チャージ方法選択」で「コンビニ」をタップするところからスタートです。

1. 入金額を指定

利用規約が表示されるため「同意する」をタップして「入金額の入力」画面を表示します。ここで入金額(2,000~10万円の範囲内)を指定して「次へ」をタップ。確認画面が表示されるので、さらに「次へ」をタップしましょう。

2. チャージするコンビニを選択

次にチャージするコンビニを選択する画面が表示されます。「コンビニを選択する」ボタンをタップして、支払うコンビニを選択しましょう。ここまで完了したら、実際にコンビニでのチャージ手続きに入ります。

3. 各コンビニでお支払い手続き

コンビニでのお支払い手続きは、各コンビニによって異なります。下記のURLから入金手順を確認しておきましょう。

各コンビニでの入金手順

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/guide/wallet/cvs.html

4. d払いアプリへ入金額が反映されたら支払いに使う

チャージ手続きが終了すると、数分~20分ほどで反映が完了します。入金額の反映を確認できたら、すぐに支払えるようになります。

チャージしたのに反映されない!?原因を確認しよう

うまくチャージできなかったり、チャージした分が残高に反映されなかったりといったトラブルが発生した場合は、まずは落ち着いてトラブルの原因を確認しましょう。これらのトラブルには、以下の原因が考えられます。

  • 反映に時間がかかっている(チャージ反映まで20分程度かかる場合がある)
  • 1回あたりのチャージ金額が2,000~10万円の範囲内に収まっていない
  • d払い残高と今回のチャージ金額の合計額が100万円を超えている
  • 端末で支払い用の用紙を発行してからレジに持っていくまでに30分以上経過している
  • d払いアプリが最新バージョンではない


手続き方法に問題があった場合は、もう一度手続きを行ってみましょう。それでもチャージが反映されない場合は、24時間年中無休の「d払いお問い合わせダイヤル」(0120-613-360)までご連絡ください。

d払いと電話料金合算払いからの支払いの併用はできるの?

d払いのお支払い方法は「d払い残高からの支払い」「クレジットカードからの支払い※1」「電話料金合算払いからの支払い(ドコモの回線契約があるお客さま限定)」の3種類から選べますが、各方法の併用はできません。

たとえばd払い残高が1万円で3万円のショッピングをする場合、d払い残高1万円を使い切って残りの2万円を電話料金合算払いからの支払いにすることはできません。この場合は、新たにチャージをしてd払い残高を3万円にするか、3万円全額を電話料金合算払いからの支払いにする必要があります。

※1 お支払い方法をdカード以外のクレジットカードからの支払いに設定された場合は、dポイントの進呈対象外となります。

チャージしたd払い残高を使い切る方法

d払いにチャージしたd払い残高を使い切る方法には、次の5種類があります。

1. 翌月のドコモ電話料金に充当する
ドコモの回線契約があるお客さまは、ケータイ料金への充当が便利です。d払いアプリ内の「ケータイ料金に充当する」を選択して金額を指定するだけで、翌月のケータイ料金に充当されます。1円単位で充当できるため、端数を使い切りたいときにも役立つでしょう。

なお、家計簿アプリ「スマー簿」を使えば、d払い残高やためたdポイント、ドコモのご利用料金などを一括管理することが可能です。ためたdポイントを有効活用したいという方は、「スマー簿」の利用も検討してみてください。

スマート家計簿 スマー簿

https://kakeibo.smt.docomo.ne.jp/info/

2. ポイント利用とd払いを併用する
d払いの設定で「ポイント利用」をONにしてお支払いをすれば、dポイント利用とd払い決済を併用できます。

3. 友人に送る
d払い残高を他のドコモ回線に送金する方法です。d払いアプリ内の「送金」をタップして電話番号や送金額などを指定するだけで送金できます。

4. d払い残高を出金する
d払い残高を、登録している銀行口座に出金する方法です。手数料が差し引かれるため、まとまった残高を出金したいときに使うといいでしょう。

さっそく挑戦!コンビニでd払いを使ってポイントをトリプルでためよう

コンビニの中にはd払いを使ってポイントをトリプルでためられるお店もあって、とってもおトクです。ポイントをトリプルでためる方法について解説します。

ポイントをトリプルでためるカギは「dカード」

ポイントをトリプルでためるカギは、「dカード」をd払いのお支払い方法に設定することです。ポイントをトリプルでためられるのは、以下の組み合わせです。

  • d払いの支払い方法に設定しているdカード利用分のdポイント※4
  • d払い利用分のdポイント※1 ※2 ※3
  • 利用コンビニが対応しているポイント(dポイントなど)


※1 お支払い方法をdカード以外のクレジットカードからの支払いに設定された場合は、dポイントの進呈対象外となります。
※2 一部の加盟店又は店舗は、dポイントの進呈対象外となります。
※3 加盟店の商品・サービスによっては、dポイントの進呈対象外となることがあります。
※4 2022年12月10日から、d払いはdカード決済ポイントの進呈対象外となります。ただし、d払いのお支払い方法をdカードからの支払いに設定された場合、d払いの「dカード支払い特典」として、お買物代金に応じて200円(税込)につき1ポイントを進呈します。

トリプルでたまるポイントをすべてdポイントに統一!

トリプルでポイントがたまるとはいっても、獲得できるポイントがバラバラだと少しもったいないですよね。d払いの支払い方法に設定するクレジットカードを「dカード」にすると、クレジットカードで得られるポイントもdポイントになり、d払いのポイントと統一できます。

さらに、一部コンビニならdポイントカードにも対応しているため、dポイントカード提示でもdポイントを獲得でき、dポイントを三重ドリできます。トリプルでたまるポイントが少量ずつに分散しているよりも、すべてdポイントにまとまっている方が、たまるポイントのつかい道も広がりますよね。

コンビニでd払いが使えない!?原因と対処方法をチェック!

いつも通りコンビニでd払いを使おうとしたらいきなり使えなくなった、という経験はないでしょうか。そんな場合は、以下の3点を確認してみてくださいね。

利用上限額を超えた

d払いの利用限度額を超えてしまった可能性を確認してみましょう。電話料金合算払いからの支払いの場合は、利用者によって個別に月額10,000~100,000円の利用上限額が設定されています。利用限度額はご利用明細で確認および変更が可能です。なお、ご利用明細の確認にはネットワーク暗証番号の入力が必要です。

ご利用明細

https://payment2.smt.docomo.ne.jp/smph/history/gadap031.srv

電話料金合算払いからの支払いの利用上限額について、詳しくはd払いのご利用条件ページでご確認ください。

d払いのご利用条件 - 電話料金合算払いからの支払い

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/term/tell_term.html

クレジットカードからの支払いの場合は、クレジットカードの限度額となるため、別途クレジットカード会社に確認してください。

d払い残高からの支払いの場合は、利用限度額はご利用残高の範囲内となります。

利用端末に問題がある

利用端末にヒビが入っているなどの問題があると、d払いを使えなくなるケースもあります。また、Wi-Fi接続がうまくいっていないなど、インターネット回線に問題がある場合も考えられます。この場合は、利用端末や回線の問題を解消しましょう。

d払いで支払えない商品を買おうとした

コンビニでは、d払いで支払えない商品なども取り扱っています。たとえば、コンビニによっては切手やプリペイドカードなどはd払いでお支払いできません。詳しくはd払いのサイトを確認しましょう。

金券に相当するものや公共料金の支払いなどは、どのコンビニでも基本的にd払いは利用できません。d払いが利用できないものもまとめて支払おうとしていた場合は、そのほかの商品とわけて、別途現金などほかの方法で支払ってくださいね。

マイナポイント:d払い最大20,000円分のポイントがもらえる

マイナポイントは、総務省が実施している消費活性化策です。マイナンバーカードを所有している方を対象にポイントが付与されます。ただし、マイナポイントというポイントが存在するわけではありません。付与されるのは、選択したサービスに応じたポイントです。d払いを選択した場合は、dポイントが付与されます。

付与率は利用金額の25%で、20,000円のチャージまたはお買物をすれば5,000円分、健康保険証としての利用申込で7,500円分、公金受取口座の登録完了で7,500円分のマイナポイントがもらえます。

d払いでマイナポイントに申込む手順は、次のとおりです。

1. マイナンバーカード、4桁の暗証番号、スマートフォンを用意する。
2. マイナポイントアプリをダウンロードする。
3. d払いアプリの「マイナポイント」をタップする。

4. 「マイナポイントに申込む」をタップする。

5. 「チャージ」または「お買い物」をタップして「上記に同意して次へ」をタップする。

6. 「マイナポイントアプリへ」をタップする。

7. マイナポイントアプリが起動したら、端末にマイナンバーカードをかざして「はじめる」をタップする。

8. 「マイナンバーカードの新規取得」にチェックを入れて「次へ」をタップする。
※「健康保険証としての利用申込み」と 「公金受取口座の登録」にもチェックを入れると、同時に申請可能

9. マイナポイントの利用規約に同意する。

10. 「健康保険証としての利用申し込み」にチェックを入れた場合は、健康保険証の利用規約に同意する。

11. 申込みが完了したら、d払いでのチャージまたはお買物をする。

また、マイナポイントをdカードで設定する方法については、以下のページの「dカードで設定する場合」にて詳しくご紹介しておりますのでご覧ください。

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/campaign/dpay_mynapoint/#dcard

20,000円のチャージまたはお買物で付与される5,000円分は、チャージまたはお買物後すぐに付与されます。

健康保険証としての利用申込で付与される7,500円分は、健康保険証としての利用申込みに関するマイナポイント申込みを行ってから3日後に、7,500ポイントのdポイントが付与されます。

公金受取口座の登録完了で付与される7,500円分は、d払いアプリまたはdカードアプリからの公金受取口座に関するマイナポイント申込み、およびマイナポータルからの公金受取口座登録の両方が完了してから3日後に、7,500ポイントのdポイントが付与されます。
※口座登録が完了するタイミングは、金融機関ごとに異なります。

付与されたdポイントは、d払いアプリの「マイナポイント」から確認することが可能です。

※マイナポイント第2弾へのお申込みは、2022年12月末までにマイナンバーカードを申請された方が対象です。
※d払いの場合、d払い残高(プリペイドバリュー)への入金に限ります。dポイントでの支払い、d払い(iD)での支払いはマイナポイント付与の対象外となります。

※マイナポイント第1弾に申込んだ方で、まだ20,000円のチャージやお買物を行っていない場合(最大5,000円分までポイント付与を受けていない方)は、上限(5,000円分)までポイント付与を受けられます。

d払いはコンビニでチャージしておトクにポイントをためよう

d払いは、コンビニで簡単に現金チャージができて便利です。さらに、多くのコンビニではポイントをトリプルでためられるのでとってもおトク。よく利用するコンビニがポイントをトリプルでためられるお店なら、ぜひこの記事で紹介した方法を参考に、より多くのポイントをためてくださいね。

d払いサイトでアプリをダウンロードする

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/

また、ドコモの回線契約があるお客さま限定でさらにdポイントが還元されるd払いステップボーナスも実施中です!ぜひこちらも参考にしてみてください。

ドコモの回線契約があるお客さま限定!d払いステップボーナス |d払い - かんたん、便利なスマホ決済

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/campaign/dpay_stepbonus/2109/index.html

ドコモからのお知らせ

2022年12月13日に行われる世界バンタム級4団体王座統一戦 井上尚弥 vs ポール・バトラーをdTVにて独占生配信いたします。

また、dTVでは「井上尚弥選手 全力応援キャンペーン」として、入会&継続の方限定でdポイント1,000ポイント(期間・用途限定)を還元中です!
この機会に是非入会をご検討ください。

※要エントリー。エントリー期間:2022年11月1日~2022年12月31日
※本キャンペーンは2022年12月31日までにdTVにご入会いただき、一定期間継続された方を対象としています。
※井上尚弥 vs ポール・バトラーの生配信は2022年12月13日ですのでご注意ください。
※「ひかりTV」「TSUTAYAプレミアム」「エンタメいちおしパック」会員は対象外です。
※キャンペーン参加条件等、詳しくは上記URLにてご確認ください。

CAMPAIGN

おトクな特典・キャンペーン